養育費 払えない

今月の養育費、これなら払えます。

養育費が高くて払えない、という方は多いようです。養育費を払わないと、給料や預貯金を差し押さえられる可能性があります。

 

強制執行は国の権力で行われるので待ったなしです。一刻も早く現金を調達しなければなりません。

 

ご存じでしょうか?自分名義のクレジットカードがあれば、ショッピング枠内で即時現金を手元に用意することができるのです。

 

これが 一番簡単に養育費を用意する方法 です。

 

もちろん合法なので堂々と現金を手にできます。それでは、この方法を解説していきますね。

 

お急ぎの方和光クレジット公式サイト

 

 

一番簡単に養育費を用意する方法

元妻に頭を下げたくない!

今すぐ養育費を用意して

給料差し押さえを回避したい!

 

 

という方へ、クレジットカード現金化というシステムを簡単に説明したいと思います。

 

クレジットカード現金化とは

ショッピング枠を利用限度として「商品購入から買い取り」を一括して行ってくれるので、即時現金を受け取れるというサービスです。

 

購入した商品の発送は行われないので、自宅に商品が届いて家族にばれるという心配もありません。

 

カード会社への支払いは、分割払いやリボ払いを選択できます。消費者金融や闇金への返済に比べて非常に楽ですし、余裕をもってストレスなく支払いができます。

 

利用の流れ

1 申し込む

公式サイトの「お申込みフォームはこちら」というオレンジ色のボタンから申し込みます。

 

2 決済手続き

ネットショップで買い物して、クレジットカードで決済します。

 

3 振込まれる

買い物終了後、最短5分で指定口座に現金が振り込まれます。

 

4 養育費を払う

現金が用意できたら、一刻も早く養育費を払います。

 

公式サイトでは24時間受付中です。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

クレジットカード現金化優良店和光クレジット

 

 

養育費を払わないと、どうなるの?

離婚しても、子供の扶養義務は変わりません。養育費は、親権を失った親が子どもに果たすべき義務です。きちんと支払わなければなりません。

 

もし養育費を払わない場合には、差し押さえ刑事罰 があなたを待っています。

 

この件について詳しく説明しましたので、ぜひお読みください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
養育費 払わないとどうなるの?

 

養育費支払いの免除が認められるケース

わずかですが、例外的に養育費免除が認められるケースがあります。

 

養育費の免除に相手が合意した場合

話し合いによって相手の合意が得られた場合は、合意内容の公正証書を作成しておきましょう。

 

病気で働けない場合

もしあなたが重病で無職になり無収入になった場合は、支払い免除できる可能性があります。無職であっても働ける状態であれば免除にはなりません。

 

生活保護を受けている場合

生活保護を受けている場合も支払い免除できる可能性があります。生活保護受給者の資格を失った場合には、再び支払い義務が生じる可能性があります。

 

子供が養子縁組をした場合

相手の再婚相手と子供が養子縁組を結した場合は支払い免除できる可能性がありますが、相手の同意が条件です。

 

自己破産で養育費の免除は認められない

 

自己破産に関する規定を定めた破産法に「養育費は対象外」と記されているので、自己破産しても養育費は支払い免除になりません。

 

子供を育てる責任

別れた夫婦であっても、子供を育てる費用を分担する義務は双方にあります。

 

それは養育費という形で子供のために支払われるお金であり、養育費を払わないということは義務を怠っていることになります。養育費を約束通りに払うことは真剣に取り組むべき問題です。

 

養育費の支払い方法

主に支払う側の都合で、月払いか、年払いか、一括払いかが決まることが多いようです。

 

月払い

一般的なものが、毎月、決まった額を支払うケースです。サラリーマンの方は、毎月のお給料に合わせて養育費の支払いをする方が多いです。

 

『月にいくら支払う』と決めているケースもあれば、『年間にいくら支払う』と決めて、それを毎月分割して支払っているケースもあります。

 

一括払い

経済的に余裕のある方は、一括で前払いするケースも見受けられます。

 

『成人するまで』とか『大学を卒業するまで』とか、子供にかかる養育費の総額を一括で支払ってもらえたら、受け取る側としては安心ですね。

 

資力がなければできないことですが、全額を現金で前払いしてもらう方法が、養育費の受け取り方としてベストです。

 

払わなくなるケース

養育費を払い続ける約束をしても、何年かするうちに途中で支払わなくなるケースが多いようです。

 

離婚協議書

養育費の金額が決まったら、期間なども含めて、離婚協議書を必ず作成しておくようにします。

 

離婚協議書とは、離婚の際に双方が合意した内容を書面にしたもので、訴訟を起こす時の法的根拠となります。

 

前払い

支払う側が資力がない場合には、たとえ金額が減ったとしても、養育費を先にもらうほうが良いと思います。

 

将来的に約束を守らなくなることを想定して、途中でもらえなくなるよりは、確実にもらえる前払いで合意できるようにしたいものです。

 

養育費の約束は守られるか

日本の養育費事情を調べてみると、別れた夫婦のほとんどが月額単位の支払いを選んでいて、その割合は98%だそうです。

 

ところが、養育費の支払いがきちんと定められた金額通りなのかと言うと、実際は約半数程度しか守られていないようです。

 

公正証書

養育費については書面に残しておくことが大切です。不払いが続いた場合は、法的に強制執行の手続きができます。

 

追加請求

将来、子供が予定外の進学をしたり、病気や事故で多額の医療費がかかった場合には、養育費が不足することも考えられます。その場合は、養育費の見直しをして追加請求を行います。

 

養育費には、慰謝料や財産分与のように請求期限が設定されていません。ですから、いつでも話し合いによって、その金額を訂正することができるのです。

 

増額、減額、どちらも起こりうることなので、話し合いで解決したいところですね。無理な場合は、家庭裁判所に申し立てを行います。

 

支払い期間

支払い期間は、子供の学歴や年齢によって設定することが多いです。

 

高校を卒業するまでなのか、成人になるまでなのか、双方合意のもと、きちんと期間を設定しておきましょう。

 

家庭裁判所の調停や審判になった場合でも、同様の形式で支払い期間を決定します。

 

振込先

振込先は、実際に子供を育てている側の親名義の口座にしている方もいます。

 

しかし未成年の子供に支払うお金が養育費なので、子供名義の口座に送金したほうが後に問題が起きにくいので良いようです。

 

page top